Japanese Prog Metal バンド VIGILANTEのメンバーがつれづれなるままに日常を書いていきます…。
VIGILANTE 丹羽氏のフェイスブック投稿より

5thアルバム「Terminus of Thoughts」を聴いていただいたコメント紹介の第17回は、、、

Bellfastのヴォーカリスト、Kohさんからです!!😄

20767934_10154915221306482_2712947434218205995_n.jpg

フルアルバムとしてはなんと9年振り(!)となるVIGILANTE新作を一足早く聴かせて
いただきました。いやー本当に待ち遠しかったです。そして待っただけの価値はある
凄まじい充実度に圧倒された!「プログレッシヴ・メタル」ド真ん中のテクニカルな
スタイルながら、それに決して束縛されずエクストリームな実験性や正統メタル的な
高揚感をも追求する挑戦的な姿は尊敬に値しますね。自分的にはこれこそが
VIGILANTEの個性と思っている“独特の浮遊感”もガッツリと進化を遂げているのも
嬉しかったです。
過去最高に表情豊かな孤高のハイトーン・ヴォーカル、個性の棲み分けが光る
超ハイテクニックなツイン・ギター、鉄壁の技巧的リズム隊・・・とプレイ面も聴き応え
バッチリ。どこを切り取ってもVIGILANTE印な、文句なしに高揚する一枚でした!

https://www.facebook.com/bellfast/

https://www.facebook.com/events/1853244284716535/?ti=cl

https://www.facebook.com/vigilantemetal/


今後も色々な方々からのコメントを掲載予定なので、乞うご期待ください!
皆さん、もう我々のニューアルバム"TERMINUS OF THOUGHTS"をお手にとって
聴いていただけたでしょうか?
昨年12/20の発売をきっかけに、我々も色々と情報を皆さんにむけて積極的に発信しようと
心がけています。そこで、今回は私ベースの海野が所有する機材の紹介をさせていただきます。

まずは現在のメインベースであるKen Smith BSR6PE-FHです。

27999776_10156215134894216_1444316455_o.jpg

アメリカKen Smith社製の6弦ベースで、1999年頃より使用しています。今回のアルバムでは、"New World Disorder"を除くすべての曲をこのベースでレコーディングしています。
音色の特徴としては、わりと輪郭のはっきりした硬めの印象です。元々スタジオやセッション系の
ベーシストに愛用されることが多く、メタル関係ではKevin Chown(EDWIN DARE/TILES)あたり
が使用しているくらいしか思い浮かびません(今は増えたのかもしれませんが)。音の分離が
よく、分厚いギターアンサンブルの中でもLow-B弦の音は締まって埋もれないので、本当に
信頼のおけるベースです。

サブのベースとしてはYamaha RBX-JM Custom Modelを使用しています。
2000年頃からの使用だったと思います。当時ヤマハにお邪魔することが多く、ご厚意でカスタム
モデルを作っていただきました。

28033156_10156215134419216_1109277563_o.jpg

こちらは主にライブでのノーマルチューニング曲用や、VIGILANTE以外のレコーディング
セッション(さかもとえいぞうさんやAREA51、Asrielなど)に使用することが多くありました。
最近はVIGILANTEのライブでも使用することが増えてきましたが。音色の特徴としてはさすが
ヤマハ、信頼の日本製品といった感じで、ハイからローまでバランスよく鳴ってくれる気が
します。ただ、Music ManやWarwickのようにパッと聞いてわかるような個性的な音色ではなく、
どちらかといえばオールラウンドに対応できるFender Jazz Bassに近い音色に感じます。
今回のアルバムでは"New World Disorder"で使用しました。他の曲との音色の違いが
感じられると思います。
ちなみにこのベースはヤマハ使用時代のJohn Myung(DREAM THEATER)モデルを基調とし、
ヤマハにお願いしてJohn Myung本人の承諾のもとボディをカスタムカラーの黒にして
もらったり、指板のインレイを普通のドットインレイにしてもらいました。

6弦ベースを使い始めたのは3枚目のアルバム"COSMIC INTUITION"からで、それまでの
アルバムではSpector NS2、Fender Jazz Bass、Orville Thunderbird、Fender Precision
Fretless Bassなどを使用していました。

ペダル周りに関しては、また別の機会にご紹介できるかと思います!

http://www.vigilantemetal.com/
 
https://www.facebook.com/vigilantemetal/


VIGILANTEのニューアルバム "TERMINUS OF THOUGHTS"のトレイラーが完成しました!
アルバム収録曲がダイジェストに追えるので、内容が分かりやすいと思います。



"TERMINUS OF THOUGHTS"は下記販売店にて絶賛取り扱い中です!

5th artwork

Disk Union
Tower Records
Disk Heaven
S.A.MUSIC
Rock Stakk Records
Hollywood Records
HMV
芽瑠璃堂
Neowing

プログレメタルファンだけでなく、すべてのメタルファンが楽しめる内容になっていますので、
どうぞ宜しくお願いします!
VIGILANTE 丹羽氏のフェイスブック投稿より

5thアルバム「Terminus of Thoughts」を聴いていただいたコメント紹介の第16回は、、、

Metalucifer,そしてSabbatのGezoluciferさんからです!!!

19247999_1429406587116112_3568541243360528958_n.jpg

ぱっと聴きでは、「もしも、クイーンズライクがエエ進化してたら、これなんやろなぁ~」的に
感じたけどねぇ。
あとは、欧州的なProgressive METALの印象。
場所場所で、日本のバンドで有る事を忘れる印象。
歌い回しにもG-RIFFZにもキャッチ―なメロディーも兼ね備えた面・Partsもある。
あと、断然的にVOCALが上手い!!めちゃ、進化してるというか学んではるなぁ~とか思う。
この手のプログレメタルはイタリア系とかに多いよなぁ~、最近はどの国にも居るのかなぁ?
根強い好きなファンはおるんやろなぁ。もうちょいクラシカルとかGothic的要素を入れ込んだ
プログレのが最近は多い気もするけど。今のこのヴィジランテのようなんは、その手のから
言うのと、チョイOld Style、又は、DIE HARDなプログレになるのかなぁ~。
とか色々思った。

https://www.facebook.com/metaluciferofficial/

https://www.facebook.com/vigilantemetal/


今後も色々な方々からのコメントを掲載予定なので、乞うご期待ください!
VIGILANTE 丹羽氏のフェイスブック投稿より

27545145_1196275800507264_6880952090022481560_n.jpg

今日発売のBurrn!3月号に掲載していただきました「ミュージシャンが選ぶ
Judas Priestのベスト5」は、紙面のスペースの都合で書ききれなかった
部分があります。今回、自分がどんな思い、コンセプトでチョイスしたのか、、、
ノーカット版の以下(長文すみません)を併せて読んでいただきましたら幸いです‼️

Judas Priest のベスト5と言われて、即答できる人はまずいないのではないだろうか?
彼らが辿ってきた50年近くの歴史において、実は音楽性は時代の流れに沿って
変化(進化)してきたし、1stアルバムからずっとメンバーとして在籍しているベーシストの
イアン・ヒルIan Hillとギタリストのグレン・ティプトンGlenn Tipton以外のメンバーがチェンジ
した際は、その後にリリースされるアルバムの音楽性には、新たに加わったメンバーの
特性がきちんと反映されていた。そういった意味で個人的には、ティム”リッパー”オウェンス
Tim "Ripper" Owens加入後初のアルバム"Jugulator"とその冒頭を飾るタイトルトラックは
今回のランキングで最後まで入れようか迷ったほど、名曲だと思っている。またこの
アルバムが正当に評価されて欲しいと願っている。
 
しかし、今回は自分が縁あって、6年前の2011年暮れにカヴァーバンドのメンバーとして
歌った5曲をそのまま選んだ。このバンドのリーダーこそ、Unitedのリーダーであった、
今は亡きExciter Yokoこと横山明裕氏である。12月30日がライブ当日。オファーがあった
のは12月5日頃。コンセプトは「"Screaming For Vengeance"アルバムリリース後の、ハマー
スミスやUSフェスティバルでのライブの世界観」だと伝えられた。自分はこの当時のライブは
リアルタイムでは観ておらず(初めてJudas Priestを生で観たのは"Painkiller"アルバムの
ツアーでの来日公演を大阪で)、高校生の時に、テレビで観たUSフェステイバルやMTVで
観たライブのビデオの衝撃を思い出しながら(当時の画像はDVDやYoutubeで改めて
観ましたが、勢いやオーラはやはり強烈である)、選曲の際に、自然と上記の5曲に行き
着いた。The RipperとVictim of Changesは、それぞれAgent SteelとForbiddenがカヴァー
しているものもかなり好きだが、それはまた別の機会があれば触れるとして、、、(どちらも
かなり完コピに近い仕上がりなのは、Judas Priest、そしてロブ・ハルフォードRob Halford
へのリスペクトを強く感じる)

https://twitter.com/burrn_

https://www.facebook.com/vigilantemetal/
 
BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 VIGILANTE members blog all rights reserved.
プロフィール

auggiewren

Author:auggiewren
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム